女性の体の悩み

医者

大人の女性の割合が多い大阪の地では、婦人科は来院しやすい立地に展開されていますが、中には女性専門外来などの婦人科とイメージの付きにくい診療科目を掲げている病院も展開されています。注意したいのは診療科目にもあり、大阪の各医療施設で違いが生じています。例えば、婦人科とひとくくりで診療を提案している病院もあれば、胸や乳ガン検診などを主に診療する乳腺科をメインとしていたり、ピルや性感染症の悩みに強みを持つ避妊科などが開設されています。女性1人1人で悩みは異なるため、検診を目的とするのか・治療を目的とするのか・悩みを相談したいのかなど、より、専門性の高い病院選びは迅速に悩みを解決させるために必要と言える内容です。

大人の女性にとって、知らなかったでは済まされない体の悩みは数多く、大阪には婦人科が開設されているものの、未だに婦人病などの疾患専門での来院をイメージする女性は少なくない実情が問題視されています。早期発見・早期治療はもちろん重要視されている内容ですが、婦人科の診療案内にも着目し、10代から幅広い年代の女性が悩みを相談できる窓口としての動きも大阪では予測されています。例えば、婦人科を細かく分けてみると、生理の悩み・子宮の悩み・婦人科検診の悩みなどを挙げることができます。特に10代からは生理前の症状として月経前症候群に陥りやすいものの、意外と疾患に無知であり、女性特有の疾患だと気付きにくいために相談窓口は10代向けに必須と指摘され、窓口作りは加速しています。