妊娠をサポート

付加価値のある

看護師

妊活サプリとは、妊娠を希望している人が妊娠しやすいように、栄養をサポートするサプリメントのことです。妊娠しやすくするためには、女性ホルモンの働きを助けたり、着床しやすくするために子宮内膜を厚くする事が有効です。妊活サプリとして有名なのが、イソフラボンや葉酸、マカや亜鉛といった栄養素です。大豆などに含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと似たような働きをし、葉酸は赤ちゃんの先天異常のリスクを減らすことができます。またマカや亜鉛は男性が摂取する場合も多く、夫婦で妊活サプリを利用している人も多くいます。また、妊活サプリには不足しがちな鉄分やカルシウム、ビタミンが含まれているものも増えており、付加価値があります。

ニーズに合わせて

近年、日本では不妊治療を行う人が増えており、数年にわたって治療を続けている人も多くいます。不妊治療は周りからのプレッシャーも大きく、ストレスが溜まることもたくさんあります。妊活をしている人にとって、少しでも妊娠に効果があるものなら実践したいと思うのが心情でしょう。そのような思いに応えたものが妊活サプリであり、利用者も年々増加傾向にあります。さらに、同じ栄養素の妊活サプリでも、成分にこだわって作られていたり、無添加で安心して利用できるものが増えています。体の中に入れるものなので、効能も大切ですが、安心で安全な妊活サプリが求められているのです。このように、妊活サプリは同じ栄養素でもニーズに合わせて改良や進化してきており、さらにより良いものができていくでしょう。